The One with ...

研究用のメモなどを公開しています

Agent-based modelのチュートリアル

MesaというPythonライブラリの中に所得分布の生成モデル(Dragulescu & Yakovenko 2000)を題材にしたチュートリアルが含まれている. なかなかよくできているのだが,学部生向けとしてはちょっとコードが複雑すぎるので授業用資料として簡略化してみた*1

この例でなんとなくPythonの特徴も分かるし,Agent-based simulationの雛形として演習の課題や卒論に使えると思う.

重要なのはコードじゃなくて,モデルのアイデアのほうだ.Dragulescu & Yakovenko のアイデアはシンプルでありながら現象の本質を表現したよいモデルだと思う.

詳細は下記のjupyter notebookをご覧ください

github.com

*1:クラスオブジェクトを使わなければもっと短く書けるのだが,クラスの例を示すために,あえてエージェントをクラス化してある